CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
Twitter
RSS FEED
RECOMMEND
すぐにできる! OS X Mountain Lion
野沢 直樹

Mac Fan Special 完全理解! OS X Mountain Lion (マイナビムック)
Mac Fan編集部ほか



iPhone 4S Perfect Manual
野沢 直樹,村上 弘子

3Dconnexion 3Dマウス SpaceNavigator SE (Standard Edition) SNSE


BlogQRCode
BlogQRCode
<< クロ君大往生・0724 | main | 梅雨の晴れ間・0725 >>
最愛なる誇り高き愛猫「クロ」Memorial
今日の画像

15年前、今頃の季節
梅雨も明けないこんな時期にコイツと出遭う事になる
クロ君の人生の手記を執筆中です(随時更新の可能性あり)
(あまりの悲しみの為、更新が遅れる際、ご理解ご了承下さい)

これ以上書くのは辛いのでここで終わりにさせて頂きます

この時期は猫の出産が多い時期なのだろうか
ともあれやたらと子猫を見かける季節でした
ミャーミャーと小さな声でかすれた声で鳴いてる声が聞こえた
マンションの隣の塀の向こう側からだった
近所の猫が出産でもして子猫が鳴いてるのかな?
それがこいつとの出遭いであり、運命の始まりだった

塀の向こうから泣き声が聞こえる
覗いてみるとそこには真っ黒な子猫、目も開いてない
目ヤニが一杯で歩くことさえ出来ずに鳴いていた
親猫はどうしたのだろう?周囲に気配はない

とても通常の泣き声ではない、悲痛に感じさえする
足元の透かしブロックの隙間から覗き込む
目も開いてない真っ黒な子猫が見えた
続けて泣き続ける様を見て、引き取る気持ちで手を突っ込んだ

そこには小さな小さな生命体が指に触った
しかし、透かしブロックの穴は掴んだ拳を通さない
何とかかんとか無理くりに引きずり出し捕獲に成功
手のひらに収まるほどの「ピキャー」って泣き叫ぶ子猫でした

そのままポケットに仕舞い込みマンションに帰宅
排泄の教育も受けていないのもあり、部屋中汚物まみれ
風邪を患ってるようで翌日掛かりつけの獣医まで持ち込む

獣医さんに持ち込むと事態が良くないと発覚
風邪の状況も非常に芳しくなく、肺炎を起こし
子供の成長競争にも負けてしまうほどの弱い子猫で
親からも見離された子猫と言う診断でした
連れて来るのが遅ければ明日にも亡くなってしまった状況だったそうです
しかし、ほってはおけません、引き取るのを覚悟で連れて来た
何とかして欲しいと獣医の先生に切願し、方向性を決めた
全力でコイツの看病と、里親の決意を固めた

しかし、その後も大変な思いをしてきたのは覚えてます
部屋中大変なことになり、始終気をつけていないとならない様子でした
それでも日に日に元気を取り戻し生命の危険を脱したのでした
そんな小さな頃の画像はあまり持ってません
まだ小さかった頃の見つけた画像がこれでした
まだ、自分が企業に勤めていた頃の時代のものです

今日の画像

その後すくすくと育ち
ワンパクなやんちゃ猫に育ったのは想像を超えてました
男の子でしたが1歳を迎える前に早々に虚勢しました
まして部屋猫でしたので繁殖の必要もありません
この画像はその頃の記念撮影で撮りました
まだいたずらっ子なあどけない顔をしてますね
虚勢後はホルモンバランスが崩れてしまったせいか
物凄いデブ猫になってしまったので
凛々しい姿はこの時期が最後だったでしょうか

今日の画像

本当にやんちゃないたずらっ子でした
目黒中町のマンションから、千葉、目黒本町、白馬
目黒碑文谷マンション、目黒碑文谷事務所と引越しの多い猫でした
途中スキー&スノーボード指導員の非常勤時代などは
週末ごとに一緒に車でスキー場までの往復まで一緒すると言う
少し変わった環境で育った猫でもありましたね
最後はこの事務所で机の影から悪戯したげに覗ってました

今日の画像

この碑文谷事務所に引っ越して来てからは
リリチャンとも共存しながらの生活でしたが
威嚇しあいながらも仲良く過して来たのではないかな
犬と猫のトラブルは一切無しでした
クロ君も随分年をとってから一緒になったからかも知れません
年をとっても目つきだけは鋭い精悍な猫でした

今日の画像

平穏なこの事務所では彼なりの老後を暮らせたのでしょうか
彼の猫生にとって、幸せだったのでしょうか
少なからず野良猫よりは幸せだったかな?
臨終前最後の病院での診断では、糖尿病
肝臓機能障害、片肺による呼吸障害、心臓機能障害
全身の関節炎障害の併発、色々痛かったんだよね、ごめんね、気づかず
15年も一緒にいたのに、駄目な飼い主でした
本当に本当にごめんなさい、もっともっと一緒にいたかったよ。。。

今日の画像

俺様「クロ君」、貴方の猫生の中で少しでも楽しかったなら嬉しいです
とうへんぼくなオヤジに付き合ってくれてありがとう
君がいなかったらこんな愉快な生活を送れなかったと思う
そして、痛い痛い君の身体のことを気遣えずにごめん
一杯一杯喧嘩して傷つけあって来たけどさ
俺たちって気の会う奴らだったよね、そうだよね
君が残した傷跡は、一生俺の身体と心に刻まれてます
傷と共に一生忘れることはない、貴方との大切な15年間でした

今日の画像

今はただ安らかに眠って下さい
痛さも、もうない世界に旅立ちました
天国では多くの仲間たちと愉快に過ごしてね
自分が逝った時、必ず迎えに行きますので待ってて下さい
それまで少し時間が掛かるかも知れません
天国から鋭い目つきで睨みを効かせてて下さい
今晩は一緒に呑み明かしましょう、明日お別れです
貴方に貰った愛や記憶は自分の宝であり、誇りです
クロ君、本当に長い間お付き合い頂きありがとうね
決して忘れられることのない、素晴らしい時間でした
この素晴らしい時間をくれた貴方に感謝してます、ありがとう

最後に見舞いに来てくれた皆様、彼に変わり御礼申し上げますm(_ _)m
| other | 22:00 | comments(8) | trackbacks(0) |
COMMENTS
とっても悲しいです。
クロちゃんと、ホントにそっくりのうちの「ルリ」ですが、今年の4月に病気で逝ってしまいました。13歳でした。うり二つのクロちゃんの写真を見ると、ググッときてしまいます。

もう1匹、真っ白い猫がいまして、そいつは4年前に病気で死にそうだった野良を保護したやつなんですが、腎不全が進んで毎日注射を打つ生活です。とりあえずまだ元気ですが、だいぶ痩せ細ってきました。残り少ない時間をできるだけ一緒にすごしてあげようと思ってます。
| スギタニ | 2009/07/25 12:20 AM |
太郎丸!
クロ君はたろちゃんと出会えて幸せだったと思います。
| 姫 | 2009/07/25 12:26 AM |
>スギタニさん

かつてから猫好きなのは存じ上げていました
今回は壮絶な生き様でしたが
彼なりに満足してもらったでしょうか
気持ちと反するものもあるのですけれど

腎不全の白猫ちゃんの動向も気になりますね
描生の今後をお祈り申し上げます
猫にとって満足できる環境を是非与えてあげて下さい
| 太郎丸 | 2009/07/25 12:52 AM |
>姫さん

そう願いたいばかりです
| 太郎丸 | 2009/07/25 12:53 AM |
残念ですねぇ。。。
花芸が事務所にお邪魔した時に居た子ですよね。
ご冥福をお祈りします。

| 花芸 | 2009/07/25 12:40 PM |
>花芸さん
>事務所にお邪魔した時に居た子

そうですね、その時のアイツです。。。
遠方からも事務所に来所頂いた花芸さんやtorimieさんには
ヤツのふてぶてしい姿をご覧頂けたと思います
本当に残念でなりません、今はただ安らかに
それだけしか言えません(涙)

お気遣いのコメントありがとう御座います
| 太郎丸 | 2009/07/25 12:49 PM |
タロさん。わたしも今迄お別れしたニャンコ達の事を時々思い出します。
そんな時にね、ここのサイトのこの詩を読みます。

クロちゃんもきっとそこで楽しく暮らしています。
いつかきっと、会える日まで。待っていてくれます。

私もいつかその日が来たらそこで愛しい家族達と再会できると思っています
クロちゃんとそっくりの真っ黒ニャンコtimouは、フランス語読みでティムと言います。その子の前のニャンコはtim。私の小さい時のニックネームです。  今一緒に居る子もtim ティムは3代目w お家に住んでるほかの子はもう一緒に住むようになってからずいぶん長いです。timはまだ7年くらいかな。皆家族。だから居なくなると凄く辛い。ほかにもニャンコが居たってその寂しさは同じです。

良かったらここのサイトみにいってみて下さい。少しでも癒されると良いな ^^b
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html
| tim | 2013/01/25 11:31 PM |
>Timちゃん ありがとう
虹の橋ですね、いつも見ています
クロくんも暴れ回ってますね、きっと
いずれ迎えに行かないとね!
| 太郎丸 | 2013/01/26 12:55 AM |
COMMENTS









TRACKBACK URL
http://blog-3.taromaru.net/trackback/1095609
TRACKBACK
 
//------------スクリプトココまで //------------スクリプトココまで